FSC®認証の森から生産された木材を原材料に、環境と安全性を考えた割り箸を製造販売しております。

FSCマークについて

認証ロゴマーク

弊社認証番号:SGSHK-COC-001498

FSC®ロゴマークがついている木材および木材製品は、環境面・社会的・経済的な側面まで含めて、適切に管理された森林から出されたものであることを示します。「Cert no.SGSHK-COC-001498」とは弊社が取得した認証番号です。



<<質問コーナー>>

だれが認証を行うの?

FSCの認証機関が行います。

FSCが認定した機関が、認証のための10原則56基準について実際の審査をします。

FSCはNGO・先住民・林業会社・森林所有者・環境団体などで構成されいます。社会団体・産業団体・環境団体が対等な立場で発言します。

そこで健全なもりづくりのために話合いまとめられたものが、認証の原則と基準です。

FSCの森ってどこにあるの?

世界中にあります。

現在は79ヶ国、140,502,262haの森が認証されています。(2011年8月末現在)

日本では、2011年までに33ヶ所の森が認証され、三重県・長野県・岩手県・山梨県などの森林の多い地方で認証作業が進んでいます。

何にマークがつけられるの?

色んなものにつけられます。

FSCの森の産物を使ったものであれば、何にでもマークをつけることができます。

丸太、板、紙、木炭、家具、木製品、キノコ、はちみつなど

でも産物を加工する工場なども、認証された森林からの原料と、そうでないものを分けて消費者に届けなければなりません。

そのためにCOC認証という基準があります。

マークがついたものはどこで買えるの?

日本ではまだ始まったばかりで、これからみんなで広める段階です。

インターネットで「FSC」を検索してみてください。

これから日本各地で認証森林から様々なマークつきの製品が販売されます。

マークのついかものを使う人が増えれば、製品も増えるし、森林も良くなるよね!

山笑会というバイヤーズグループが、製品の普及のために活動しています。



下川小流域管理システム推進協議会発行の「FSC森林認証を広げよう」から引用しました。