FSC®認証の森から生産された木材を原材料に、環境と安全性を考えた割り箸を製造販売しております。

2007年2月12日

10日のラジオ

2月10日日高 晤郎ショ-に、下川出身の

古屋さんのお話がありました。

氷の彫刻では、日本一の方で、アイスキャンドル

の時には、会場に飾って頂いたりしております。

氷の彫刻は、どこから溶けるか、溶けても綺麗に

見えるように、作るそうです。

溶けて無くなってしまう物を、最後まで綺麗に

見せるのは、歌や話術も同じで、その時その時に

全力を注ぎ、前よりも良くしようという、努力が

必要だ。と日高 晤郎さんが言ってました。

一度しか使わない「割箸」にも、同じ事がいえる

のではないかと、身の引き締まる気がいたしました。

「無駄だ」「自然破壊だ」と言われますが、木材を

それなりの仕事をして、役目を果たしております。

生産者として、良い製品を製造し、食事の一時を

楽しくして頂けるよう、日々努力をするように致します。

札幌で慶事があり、とんぼがえりで、少し

疲れていましたが、良い話を聞きましたので、

おすそわけします。

下川町は、最大のイベントの真っ最中です。

どうぞ、遊びにお越しください。

美味しお店、イベントの案内、見方など、

書き込んで頂ければ、ご案内いたします。

ぜひ、ぜひ!!!!

今年は携帯でも見えるようです。

カテゴリー:|コメント(0)|トラックバック (0)

このページのトラックバックURL

コメントをお寄せ下さい





ブログ