FSC®認証の森から生産された木材を原材料に、環境と安全性を考えた割り箸を製造販売しております。

FSCとは

FSCとは、Forest Stewardship Council®(森林管理協議会)の略で、1993年10月にカナダで創設されたNPO団体(非営利・非政府の国際組織)です。現在はドイツのボンに本部を置いています。
世界中全ての森林を対象とし、環境に適切で、社会的な利益にかない、 経済的にも継続可能な森林管理を推進することを目的としています。
貴重な動植物の保護や生態系保護区の設置、地域社会の権利の尊重や森林労働者への働きやすい場所の提供、長期的な収穫、収入計画の立案や木材の最大限の活用など、環境面だけでなく、社会的・経済的な側面まで含めて、適切な森林管理のための厳しい基準を設けています。

FSC認証制度

FSC認証には、森林の管理認証(FM認証)と加工・流通過程の管理認証(CoC認証)の2つからなっています。

森林の管理認証 (FM認証:Forest Management)

森林管理を対象とした認証で、環境に適切で社会利益にかない、 経済的にも持続可能である事、つまり森林が適切に管理されている事を認証します。

加工・流通過程の管理認証 (CoC認証:Chain of Custody)

加工・流通を対象とした認証で、管理された森林から認証材(認証紙)が、加工・流通過程の段階において、非認証材(非認証紙)と混ざり合うことなく管理されているかを認証します。



消費者が選択できる時代に

認証された製品はFSCのトレードマークであるFSCロゴマークが付けられます。これにより、消費者がラベリングされた木材を選択することができ、たとえ海外で生産された木材でも、環境や社会に大きな負荷を掛けずに生産された製品(木材)を選択できるような仕組みになっています。熱帯雨林地域などで行われている過度の森林伐採、違法伐採を抑止する手段の一つとして注目されています。