FSC®認証の森から生産された木材を原材料に、環境と安全性を考えた割り箸を製造販売しております。

宅急便が着いた。
今年も春が届いた。
札幌D丸のD安に、京都から入荷した
「菜の花」のお漬け物を、全部予約で買い占めた、
送ってくれた。嬉しい!!友は有り難いです。
今夜も美味しくいただきました。

山ちゃんありがとう!!

カテゴリー:|コメント(0)|

IMG_0598.JPG

カテゴリー:|コメント(0)|

2016年10月 2日

井戸端会議

下川町議会の先生と、住民が膝をつき合わせ
楽しく意見交換をする会です。
当日は午前の部10時から午後の部6時30分から
開催され、午前の部は地元紙の名寄新聞に掲載されています。
10月30日の名寄新聞のコピ-
地域活性へ意見交わす
下川町議会・議員が住民と井戸ばた会議

 【下川】下川町議会と町民の意見交換会「井戸ばた会議~町民と議員との対話~」が、29日午前10時、午後6時半からの2回、総合福祉センター「ハピネス」で開かれ、住民約20人が参加した。
 今任期町議会の3度目となる意見交換会で、住民の声を町の政策形成に対する提言、審議や議決へ、反映させるのが狙い。司会・進行を町議会運営委員長の奈須憲一郎議員が務めた。これまで夜間のみの開催だったが、今回は幅広い世代の声を聞こうと、午前と午後の2回開催した。
 午前は若者世代を中心に住民6人、町議会議員3人と事務局1人が参加。木下一己町議会議長は「住民から議会改革を求める声が多く、本年度には透明性確保の課題へ対応するため、政務活動費を廃止。所管事務調査として議会全体で勉強に励んでいる。地域に活力を生むために『こうありたい』『これはおかしい』といった意見を聞きたい」と挨拶。
 さっそく2グループに分かれて意見交換。住民説明が不十分の中で建設が進む「まちおこしセンター」で「意見交換を重ねたのに、住民の声は反映されていない」。建設計画中の「宿泊交流施設」で「説明は計画がほぼ確定してからで、意見が反映されづらい」など疑問の声があった。これらの改善策で「事業計画の説明時期に明確なルールが必要。住民の意見を反映できるよう、計画変更の余地を残す段階で説明すべき」「補助金在りきで計画するのではなく、住民が必要と感じる施設整備を目指し、補助金該当外の部分は、町の自己負担を覚悟することも必要」など意見を出し合った。

夜の部は公区の問題、この会の告知方法、などなど楽しい意見が続出し、楽しい時間であった。
しかし、参加者の大半が地方から下川に移り住んだかたで、これからの下川町を背負って立つ
青年の参加が少なかったのが残念である。
町長との懇談会とはひと味違った会なのに、告知方法の研究が大切と感じた。

カテゴリー:|コメント(0)|

2016年9月28日

秋真っ盛り

9月も終わりそうです。夕暮れも早くなり空も澄み
秋です。食欲の秋 カボチャに トマトも最後の方になり、
秋の夜長、ゆっくりしたいです。
楽しいことも、沢山有りますよ!
先日美味しいと評判の日本酒を頂き
いつの呑もうかと、冷蔵庫の中で待機中です。 「鶴齢」です。

敬老会も終わり、もっと頑張らなくては、と思う今日この頃です。

カテゴリー:|コメント(2)|

2016年9月19日

高円寺の阿波踊り

東京に目立たないけど、すごい町があります。
それは「高円寺」です。正式には杉並区高円寺です。
中央線の中野と阿佐ヶ谷の間にあります。
今有名なのは、阿波踊りです。
下川の有名なパテシエ S ンちゃんと、ケ-キ作りのTッちゃんは
かって高円寺で踊っていて、下川の夏の一夜を楽しく踊った仕掛け人です。

先日、高円寺阿波踊りのTシャツを頂きました。
どうして、もらったかは、「明日のこころだ!」


FullSizeRender%20%281%29.jpg

カテゴリー:|コメント(0)|

ブログ